人生をほんの少しいろどる「心に残る言葉」

何だろうこの空虚感。そしてもやもや。別に不幸でもないし。辛いわけでもない。でも何か満たされない。わがままな自分という存在。名言や心に残る言葉1つで今日を変える些細な些細なきっかけになるかもしれません。

【人生】本音で話せば内容の前に信用をしてもらえる

本音で話せば内容の前に信用をしてもらえる

 

これは

 

 

「自分の言葉」で人を動かす

 

という本に出てきた心に残る言葉です。

 

信用できない人に共通することって

まさしく言葉の軽さだと思うんです。

 

どこか歯の浮くような言葉を並べて、

綺麗なことを言う。

 

そんな言葉が誰に届くと言うのでしょうか。

 

それはノイズと同義にとらえられ、

誰の耳にも誰の心にも残らない。

 

なぜかといえば多くの人は建前で話しているからです。

 

その奥にその人が見えないんですよね。

だから仕事にしても心に響かない。

 

人を動かせない。

 

でもですよ。

人を動かせないと言うことは受け手側は

すでにその言葉の表面性に気づいているんですよね。きっと。

 

つまり自分の中にない綺麗な言葉を並べても、

それはどこかで取り繕っているつもりかもしれないけど、

かえって自分の評価は下がるし、

マイナスにしかなっていない。

 

例えどんなに見苦しい言葉だろうと、

汚い言葉だろうとそこに自分がある本当の言葉は、

もしかすると嫌がられるかもしれないけど、

人を動かすことのできる言葉なんです。

 

そして少なからず信用は置かれます。

 

僕は50の仕事しかこなせません。

と言って50の仕事をこなすAさん。

 

なんでも任せてください!120の仕事をします!

と言って50の仕事をこなすBさん。

これどっちを信用するかって話です。

 

コミュニティによっては後者が評価されるかもしれませんが、

信用を得られるのはAさんです。

 

僕らみたいな凡人は周到な嘘をつけるわけでもないですし、

誠意を持って本音でぶつかるのが一番だと思うんです。

 

 

f:id:takahakokun1011:20170822223350p:plain

今日のおすすめ

なんどもここではこの本の言葉を拾っていると

思うのですが僕にとってはそれくらいインパクトのある本でした。

レビューかなんかにもありましたが、

下手な自己啓発本よりもよほど考えさせられます。

そしてこんなに生きづらい人がこの世にはいると言うことが、

生き辛い私の励みになりました。

自分以上にくだらない(と思ってしまう)ことで悩んで、

戦って少し成長して行く軌跡がここには見えます。

本当に生き辛い人には一度でいいから読んでほしい本です。

救われるかどうかはわかりませんが・・笑

 

f:id:takahakokun1011:20170822223350p:plain

 
 

人間関係ランキング


スポンサードリンク
 

↓悩む私の雑記です

tegarudiet.hatenablog.com


スポンサードリンク