人生をほんの少しいろどる「心に残る言葉」

何だろうこの空虚感。そしてもやもや。別に不幸でもないし。辛いわけでもない。でも何か満たされない。わがままな自分という存在。名言や心に残る言葉1つで今日を変える些細な些細なきっかけになるかもしれません。

【生死】明日死ぬとしたら生き方が変わるのですか?あなたの今の生き方はどれくらい生きるつもりの生き方なんですか?

明日死ぬとしたら生き方が変わるのですか?

あなたの今の生き方はどれくらい

生きるつもりの生き方なんですか?

 

これは

 

 

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬

 

というオードリーの若林正恭さんの本に出てきた、

心に残る言葉です。

 

これは若林さんの言葉というわけではなく

チェゲバラの名言を引用して出てきた言葉です。

 

この言葉を素直に私は受け入れられるほど強くはありません。

 

そしてやはり私はなんだか人生は無限に続くような気がしてしまっています。

 

リアルな残り時間であることに直面した時

おそらく絶望し、生き方を帰る日が来るでしょう。

 

やはりその時でなければ変えられない気もしています。

 

でもせめて無限ではないと思いながら

生きていくべきなのではないかとも思っています。

 

この惰性の人生はあまりに時間という財産を

無駄に浪費しているとしか思えないからです。

 

何から変えればいいのかわからないけど。

きっと小さくいろんなことを変えるしかないんだろうなぁ・・・

 

 

 

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬

 

 

 

f:id:takahakokun1011:20170822223350p:plain

今日のおすすめ
難しい本かと思いきやそうでもないんですよね。

いろんな人のエピソードが詰まっています。
人生について考えるきっかけをくれた一冊でした。

f:id:takahakokun1011:20170822223350p:plain

 
 

人間関係ランキング


スポンサードリンク
 

↓悩む私の雑記です

tegarudiet.hatenablog.com


スポンサードリンク