人生をほんの少しいろどる「心に残る言葉」

何だろうこの空虚感。そしてもやもや。別に不幸でもないし。辛いわけでもない。でも何か満たされない。わがままな自分という存在。名言や心に残る言葉1つで今日を変える些細な些細なきっかけになるかもしれません。

【人生の心に残る言葉】タフで剛胆で孤立を恐れないヒーローであった僕の中の岡本太郎像が、強い人であるという反面それを口に出さなくてはいられない臆病で繊細な人となっていた

タフで剛胆で孤立を恐れない

ヒーローであった僕の中の岡本太郎像が、

強い人であるという反面

それを口に出さなくてはいられない

臆病で繊細な人となっていた

 

 

この心に残る言葉は

 

 

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込

 

 

オードリーの若林正恭さんの著作の中の言葉です。

 

僕は正直岡本太郎というと、

太陽の塔くらいの認識しかありませんが、

若林さんは岡本太郎さんを尊敬していたそうです。

 

その豪快な生き方や、

人とは違うものの見方。

 

自分にはないものを全て持っている人のように見えたのでしょう。

 

会社や身の回りにも一人はいませんか。

そういう強そうな人。

 

そして周りに生き様や自分のポリシーを語る人。

これは決して悪い意味とかではなくて。

 

もしかするとそういう人は本当は繊細で、

何かに怯えている人なのかもしれません。

 

だって自分に本当に自信があって

確信をしている人は他人に多くを語る必要がないんですよね。

 

言わないと怖くてしょうがない。

 

他者に承認されたい

自分が間違っていないと他人の共感からそれを感じたい

そんな思いが見え隠れする気もするんです。

 

見た目に騙されてしまうけど、

意外とみんなもやもやと戦っているのかもれません。

 

 

f:id:takahakokun1011:20170822223350p:plain

今日のおすすめ

今日は若林さん著作特集です。

思考の変化が時の流れとともに目に見えて存在するのです。

 

最初否定していた先輩からの説教を

後になるとする側になって反省していたり。

人の思考の変化を手にと流ように見えることって

なかなかないと思います。

 

芸能人の本ってなんだか軽視しがちですが、

多分読む価値があります。 

 

f:id:takahakokun1011:20170822223350p:plain

 
 

人間関係ランキング


スポンサードリンク
 

↓悩む私の雑記です

tegarudiet.hatenablog.com


スポンサードリンク