人生をほんの少しいろどる「心に残る言葉」

何だろうこの空虚感。そしてもやもや。別に不幸でもないし。辛いわけでもない。でも何か満たされない。わがままな自分という存在。名言や心に残る言葉1つで今日を変える些細な些細なきっかけになるかもしれません。

【人生の心に残る名言】社会って挨拶を丁寧にすると好感を持たれるんだろ?ビールを注ぎゃあ簡単に気持ちよくなるんだろ?って完全に見下してからきちっと挨拶できるようになったりビールを注げるようになったクズなんですよ

社会って挨拶を丁寧にすると

好感を持たれるんだろ?

 

ビールを注ぎゃあ簡単に

気持ちよくなるんだろ?

 

って完全に見下してから

きちっと挨拶できるようになったり

ビールを注げるようになったクズなんですよ。でも、そんな入り口からじゃないと

進めないような人もいる。

  

 

この心に残る言葉は

 

 

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込

 

オードリーの若林正恭さんの著作の中の言葉です。

 

僕も小心者ではあるんですが結構舐めた口聞いたり、

うがったものの見方をする方の人間なんです。

 

でもなんだか挨拶とかはきちんとしとこうとか、

飲み会のマナー見たいのは割ときちんと守ってて。

 

でもその気持ちってなんとなく言語化できていなかったんです。

 

なんかやっといた方がいいことはわかっているけど、

心から気持ちいい感じで挨拶しているわけではない、

自分の悪い部分がわかっているんです。

 

でこの言葉を見た時に、

あっ自分が言語化できていなかったのは

この気持ちだったんだってわかったんです。

 

僕は挨拶をする時人を見下していたのです。

 

挨拶をきちんとしとけば、

内面でなんと思っていようが、

お前らは挨拶している私という人間を

評価して好印象を持つんだろ?と。

 

ビールグラスがなくなったのに

細かく気づいて注いでやれば、

気がきく、先輩を敬っている後輩だと思うんだろ?と。

 

そしてその程度の労力と得られるものを鑑みて、

私はそう言った行為をしていたことも。

 

本当は全部どうでもいいんです。

 

挨拶なんかしたかないし、

自分の酒なんて自分で頼めよと思っています。

 

でも小心者で人を見下してるから

こういうことをしてしまうんだと思います。

 

こじらせてるなぁと自分でも思いながら、

でも意外と若林さんを筆頭に意外とこんな人も

たくさんいるんだなぁと。

 

別に自分一人が欠陥商品じゃなかったんだと気づけました。

 

意外と同じような人がいると分かるだけで、

勇気付けられるもんです。

 

 

 

f:id:takahakokun1011:20170822223350p:plain

今日のおすすめ

今日は若林さん著作特集です。

思考の変化が時の流れとともに目に見えて存在するのです。

 

最初否定していた先輩からの説教を

後になるとする側になって反省していたり。

人の思考の変化を手にと流ように見えることって

なかなかないと思います。

 

芸能人の本ってなんだか軽視しがちですが、

多分読む価値があります。 

 

f:id:takahakokun1011:20170822223350p:plain

 
 

人間関係ランキング


スポンサードリンク
 

↓悩む私の雑記です

tegarudiet.hatenablog.com


スポンサードリンク