人生をほんの少しいろどる「心に残る言葉」

何だろうこの空虚感。そしてもやもや。別に不幸でもないし。辛いわけでもない。でも何か満たされない。わがままな自分という存在。名言や心に残る言葉1つで今日を変える些細な些細なきっかけになるかもしれません。

【考え方】ショックな出来事に対して「自分にも責任がある」と感じる人にとって、その出来事の理不尽度は小さく、反対にその出来事に対して「自分には責任がない」と感じる人には、理不尽度は大きくなります

ショックな出来事に対して

「自分にも責任がある」

と感じる人にとって、

その出来事の理不尽度は小さく、

反対にその出来事に対して

「自分には責任がない」

と感じる人には理不尽度は大きくなります

 

この心に残る言葉(名言)は

 

「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!

 

という苫米地英人さんの本に出てくるものです。

 

誰にでもショックな出来事は起こりますし、

社会的に見てもいろいろなことが起こります。

 

そんな時に私たちは起きた出来事に対して心が揺れ、

いろいろな感情が吐き出されます。

 

何でこんなことが起こるのだろう?

何で自分にばかりこんなことが?

理不尽なことばかりだ。

 

などと考えたことはないでしょうか。

 

本当に理不尽なのでしょうか?

 

もちろん悲しい出来事は起こってほしくないものです。

 

しかし、それを他責することが間違っている可能性もあります。

 

理不尽に会社で怒られたと感じることもあるでしょう。

しかしそれって避けられたことではないでしょうか?

 

例えば自分の言葉選び

例えば相手に声をかけるタイミング

例えば提案した内容

 

そして天災ですらそこに住むという選択をしていた

自分に責任があるとも考えられるわけです。

 

すると理不尽な出来事というのは

自分の周りからどんどんとなくなっていきます。

 

むしろ自分の選択次第だったから

今後は気をつけようなどと考えることもできるのです。

 

何にしても深く落ち込むというのは

もしかすると他責しているから理不尽に感じ、

なかなか消化しきれていないということが

あるかもしれません。

 

他責していると解決策を他人に委ねてしまうことに

なるんですよね。そりゃぁ不幸も増えるんだろうな。

まぁわかっていても変えるのがなかなか難しいんですが笑

 

 

 

f:id:takahakokun1011:20170822223350p:plain

今日のおすすめ

今買いたくてうずうずしているのがこの座椅子です。

 座椅子の類は買うといつかかさばって邪魔になるし、

部屋のレイアウトも限られて苦しくなる。

 

そんなことはわかっているのですが、

何とも楽そうだしこの角度だと万能に使えそうなきがするんです。

本を読むにもパソコンをするにも。

金額もまぁ買えない範囲ではないしやたらとレビューいいし。

今まで普通の薄い座椅子を使っていましたが、
腰が痛くなったため、買い直しました。
幅がちょうといいので、完全に沈み込み過ぎずちょうどよい加減で止まってくれます。
ふかふかで座り心地やもたれた時のフワフワ感がすごくよくて、
これまでの座椅子は何だったんだという気持ちになりました。
背にもたれるのも良い感じです。もたれかかりながらパソコンで動画みたり、
スマホでゲームしたりしてると気づいたら一日がすぎてたり寝てたり...
完全にだめにされてます。
買って良かったです。

 

気持ちいい肌触りだし、凄くボリュームあるので気持ちいいです。
6畳の部屋にも置けるほどちょうどいい大きさなので、本当に買って良かったです。
何通りかの使い方ができるところ気に入りました。
座り心地はとてもよく固くもなく柔らかくもなく丁度いい感じです。
値段がお手頃だったのでどんな物がくるのだろうと正直そんな期待していませんでしたが、とてもしっかりしたソファーでお勧めですよ。
届いたとき少ししわがありますが、使ってるうちに消えそうな感じがします。
カバーも洗えますので、使いやすいです。

    

 

f:id:takahakokun1011:20170822223350p:plain

 
 

人間関係ランキング


スポンサードリンク
 

↓悩む私の雑記です

tegarudiet.hatenablog.com


スポンサードリンク