人生をほんの少しいろどる「心に残る言葉」

何だろうこの空虚感。そしてもやもや。別に不幸でもないし。辛いわけでもない。でも何か満たされない。わがままな自分という存在。名言や心に残る言葉1つで今日を変える些細な些細なきっかけになるかもしれません。

4-2.【名言】人生のもやもや

【人生】格好いいところだけじゃなく、耳を塞ぎたくなるような情けない話やみっともない姿を見せてくれる。そういう血まみれになりながら戦っている姿を信頼しているのだろう

格好いいところだけじゃなく、 耳を塞ぎたくなるような情けない話や みっともない姿を見せてくれる。 そういう血まみれになりながら 戦っている姿を信頼しているのだろう。 この心に残る言葉は 天才はあきらめた 南海キャンディーズの山里さんが書いた本の中…

【仕事】政治家でないとできないこと、政治家としてやりたいことがあるから、政治家でいるために合法的なあらゆる手を尽くすべきだ

政治家でないとできないこと、 政治家としてやりたいことがあるから、 政治家でいるために合法的な あらゆる手を尽くすべきだ これは 頭に来てもアホとは戦うな! という田村耕太郎さんの本です。 題名にインパクトがありますよね。 この本のヒット以降似たよ…

【人生】今日の自分は本当の自分じゃない。自分というものはもっと高尚な人間なんだと言い訳をして今日の自分をないがしろにしてきた

今日の自分は本当の自分じゃない 自分というものはもっと高尚な人間なんだと言い訳をして今日の自分をないがしろにしてきた これはオードリー若林さんの ナナメの夕暮れ という本の中の言葉です。 若い頃からずっと自分は何かしら特殊な人間 だと思って私は…

【考え方】自分のことは特別だと思うのに、他人のことはまとめて一般化する

自分のことは特別だと思うのに、他人のことはまとめて一般化する これは確か細谷功さんの 考える練習帳 に出てきた言葉です。 最初はなんともおもわずスルーしそうになったんですが、 ぼくの中で革新的な言葉でした。 他人のことって絶対的に一般化するじゃ…

【人生】失くす物など何もない とは言え我が身は可愛くて空虚な樹海を彷徨うから

失くす物など何もないとは言え我が身は可愛くて空虚な樹海を彷徨うから今じゃ死にゆくことにさえ憧れるのさ 今回は趣向を変えて 深海 Mr.Childrenの深海というアルバムの「深海」という曲の一節です。 今ではどちらかというとポジティヴなイメージを 持たれ…

【考え方】誰かが何かひどいことをした時は、その人物をその方程式から外してみる。

誰かが何かひどいことをした時は、その人物をその方程式から外してみる。結局のところそういった人たちの問題でなく、自分がどうするかになる これも前回に次いで 道は開ける カーネギーさんの著作にあった名言だったはずです。 度々記憶が曖昧で申し訳ない…

【人生】ちょっとした心がけ一つで幸せになる。意気消沈している人を見かけたら、その場で2、3言優しい言葉をかける

ちょっとした心がけ一つで幸せになる。 意気消沈している人を見かけたら、その場で2、3言優しい言葉をかける。 多分明日になればそんな言葉をかけたことも忘れてしまうが、 親切にされた者はあなたの言葉を一生胸に抱く これは確か、 道は開ける カーネギー…

【考え方】モチベーションが上がっている状態というのはただのラッキーでスターをとったのと同じ

モチベーションが上がっている状態というのはただのラッキーでスターをとったのと同じ これは南海キャンディーズの山里さんが 天才はあきらめた (朝日文庫) という本の中で語っていた一文です。 僕やまちゃんはそんなに好きではなかったのですが、 しくじり…

【仕事】誰しも生き抜いてきた人生があることを知らない無知さ

誰しも生き抜いてきた人生があることを知らない無知さ これはツイッターで見かけた名言です。 内容としては意識の高い学生の嫌いなところとして ・引用しかない話の薄っぺらさ ・知識による防御壁 ・有益な人間を選ぼうとする浅はかさ ・それらを認められな…

【人生】この世に存在する理由は2つあって

この世に存在する理由は2つあって 1つは何かをしているから存在していいということ。 2つは生まれてきたらなんの理由もなくこの世界に存在していいということ。 1つ目ばかりを大人たちは教える。 これは 完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 という本で…

【人生】自分にはわからないもので明日救われる誰かがいるかもしれない

自分にはわからないもので明日救われる誰かがいるかもしれない これは ご本、出しときますね? の中で出てきた言葉です。 確か西加奈子さんの言葉だったような・・ 少しうろ覚えです。 安易に否定しないことにしているというんです。 その理由として 「自分に…

【考え方】常識という言葉が使われる場合の多くは、「なぜそうなのかを自分の言葉で説明できない時の逃げ場として用いる」

常識という言葉が使われる場合の多くは、 「なぜそうなのかを自分の言葉で説明できない時の逃げ場として用いる」 これは細谷功さんの 考える練習帳 という本にできた言葉です。 よく考えてみると「常識」という言葉ほど 怪しい言葉はありません。 今の世で「…

【考え方】日本人は近い人の言葉を過小評価する

日本人は近い人の言葉を過小評価する これは誰かの言葉というわけではないのですが、 ローマ法王に米を食べさせた男 という本を読んでいた時に出てきた一節です。 多分みなさんもよく聞いてきた言葉かもしれません。 親や先生、上司いろんな人が私たちに い…


スポンサードリンク